1/30(日)「福島原発刑事告訴団」発足集会

1/30(土)「福島原発刑事訴訟支援団」発足集会@東京

https://goo.gl/Pi04R2

と き:1月30日(土)開会14:00~16:30(開場13:30)

ところ:目黒区民センターホールhttp://goo.gl/8u2auj

(目黒区目黒二丁目4番36号(目黒駅から徒歩10分)

参加費:無料

 

福島原発告訴団が2012年に1万4716人で行った告訴・告発事件は検察庁により二度にわたる不起訴処分を受けました。

しかし、東京第五検察審査会は二度にわたり起訴相当の議決。被疑者、勝俣恒久、武黒一郎、武藤栄の3人は「強制起訴」になりました!

これから長い法廷闘争が始まります。東電福島原発事故の真実と責任の所在を明らかにするこの裁判は原発社会に終止符を打つため、非常に重要な意義を持ちます。

本裁判の行方を見守り支えるために「支援団」を立ち上げます。

みなさま、お集まりください!

chirasi160130

<呼びかけ人>

石丸小四郎、海渡雄一、鎌田慧、河合弘之、神田香織、佐藤和良、添田孝史、広瀬隆、満田夏花、水戸喜世子、武藤類子、保田行雄、(50音順)

 

<主催>「福島原発刑事訴訟支援団」準備会

<連絡先>080−5739−7279(福島原発告訴団)

チラシダウンロード https://goo.gl/Pi04R2

広告

新刊本「強制起訴:あばかれた東電元幹部の罪」

新刊『強制起訴:あばかれた東電元最高幹部の罪』

(武藤類子・海渡雄一・明石昇二郎)[Kindle版] 定価324円

http://goo.gl/kIAGUZ

 

SN00001 週刊金曜日』2015年9月18日号掲載の座談会記事「『新証拠』を掘り起こし

た議決書の本質は 東電元幹部への有罪判決だ」に収録できなかった部分を

全文掲載したもので、電子書籍版のみの発売となります。お値段は324円と、

大変お求め安くなっています。

 

*Kindle版は、無料アプリケーションをダウンロードすれば、普通のパソコンでもタブレットやスマホでも読めます。

8/19(水)東京第1検察審査会への激励行動&院内集会のご案内

東京第1検察審査会激励行動&院内集会

2015年8月19日(水)院内集会・参加費無料

12:30~13:15 東京検察審査会(東京地裁)前
14:00~15:30 参議院議員会館講堂
・検察審査会議決の解説等

福島からバスが出ます(片道・往復共に1500円)

(2) 告訴団福島県集会(仮)
2015年9月5日(土)参加費無料
15:00~16:45 安積総合学習センター集会室
・検察審査会議決の解説等

◆お問い合わせ◆
福島原発告訴団 080-5739-7279
メール:1fkokuso※gmail.com(※ ⇒ @)
カンパ:振替口座 02260-9-118751 福島原発告訴団

解説 強制起訴議決の意義

解説 強制起訴議決の意義

東京第五検察審査会が公表した起訴議決について、告訴団弁護団の海渡雄一弁護士が、「市民の正義が東電・政府が隠蔽した福島原発事故の真実を明らかにする途を開いた!」と題して議決の意義を解説しています。

————————————————————————————

2015.8.3

市民の正義が東電・政府が隠蔽した福島原発事故の
真実を明らかにする途を開いた!

海 渡 雄 一・・・・・
(福島原発告訴団弁護団)

内容

1 やっとここまで来た… 1
2 電力会社役員の高い注意義務を認めた… 2
3 まれな自然現象も考慮しなければならない。… 3
4 原子炉が浸水すれば致命的であることはわかっていた… 4
5 東電役員被疑者らには具体的な予見可能性があった… 5
6 予見可能性を補強した新証拠の数々… 6
7 第二次告訴事件の検審での解明が待たれる保安院と東電の歪んだ共犯関係… 7
9 被害者… 13
10 検察審査会議決の意義と今後の展望… 13

付録 2015年1月22日の二度目の告訴以降に告訴団から検察審査会に提出された上申書など… 14

解説本文(pdfファイル)は→ https://goo.gl/hE58NR

8/3東京検察審査会へ感謝を伝えるアクション

8/3東京検察審査会へ感謝を伝えるアクション
東京検察審査会、ありがとう!

8月3日正午、福島原発告訴団は、東京第5検察審査会に感謝を伝える検審前行動を行いました。東京地裁前に集まった参加者は約100人。「被疑者3人全員起訴」という最高の議決を得た喜びで、あちらこちらで祝福の声が飛び交いました。
河合・海渡両弁護士からは、この議決が出るまでの苦労、そして検審をサポートした補助弁護士2名の活躍が語られました。また、これからの裁判は、原発の「闇」の解明につながるだろうという希望も語られました。
最後に、東京検察審査会に向けて、全員で「ありがとうコール」。これまで、地裁前で何回もシュプレヒコールを行ってまいりましたが、一番うれしいコールでした。

午後からは、東京の3つの弁護士会(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)の各会長宛てに、要望書を届けました。

——————————–


2015年8月3日

要 望 書

福島原発告訴団
団長 武藤類子

貴弁護士会の平素からのご活躍に敬意を表します。

私たち福島原発告訴団は、2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故における刑事責任を追及し、告訴・告発をしている被害者の団体です。2012年に東京電力元幹部らを告訴・告発致しましたが、2013年に東京地検により全員が不起訴処分とされたため、東京検察審査会に申立をし、起訴相当を含む議決、東京地検の再度の不起訴処分を経て、とうとう7月31日、東京第五検察審査会が起訴議決を発表いたしました。

未だに11万人の避難者が自宅に戻ることができないでいるほどの、甚大な被害を引き起こしたこの原発事故。その刑事責任を問う裁判が開かれることを怒りと悲しみの中で切望してきた私たち被害者は、「ようやくここまで来た」という思いの中におります。

起訴議決を受け、裁判所が検察官の職務を行う弁護士を指定する際には、裁判所管轄区域の弁護士会に推薦を依頼すると聞きます。歴史的公害事件と言える本件のような大事件を担当する指定弁護士の負担は、あまりに大きいものと推察されます。公正に公訴が維持されるためにも、指定弁護士に対しては、資金的な援助や事務所設置の援助などが必要不可欠と考えられます。どうか貴弁護士会により、指定弁護士への援助をいただけないでしょうか。

また本件は原発事故という非常に特殊で複雑な要素を持つ事件です。原発事故の真実を明らかにし責任を追及するためには、原発や原発の諸問題に精通した弁護士が担当することが必要かと思います。ぜひ、そのような知見のある弁護士を推薦されますよう要望いたします。

ある日突然、一般市民の人生を根こそぎ変えてしまうほどの甚大な被害をもたらした原発事故。それを引き起こした者の刑事責任を問うことは、同じ悲劇が二度と繰り返されないよう未然に防ぐことや、私たちの命や健康が脅かされることなく当たり前に暮らす社会をつくることに繋がると信じます。

告訴にまで踏み切らざるを得なかった被害者の心中をどうかお察し下さり、宜しくご検討をお願い申し上げます。

◆これからのアクション◆

(1) 東京第1検察審査会激励行動&院内集会
2015年8月19日(水)院内集会・参加費無料
12:30~13:15 東京検察審査会(東京地裁)前
14:00~15:30 参議院議員会館講堂
・検察審査会議決の解説等
福島からバスが出ます(片道・往復共に1500円)

(2) 告訴団福島県集会(仮)
2015年9月5日(土)参加費無料
15:00~16:45 安積総合学習センター集会室
・検察審査会議決の解説等

◆お問い合わせ◆
福島原発告訴団 080-5739-7279
メール:1fkokuso※gmail.com(※ ⇒ @)
カンパ:振替口座 02260-9-118751 福島原発告訴団

8.19kensingekirei

★チラシダウンロード https://goo.gl/hB5jZT

7/31ついに東電元役員ら強制起訴へ! 東京第五検察審査会が起訴の議決

7月31日、東京第五検察審査会から、告訴団の2012年告訴事件について、東京電力元会長勝俣恒久、元副社長武黒一郎、元副社長武藤栄に対し、「起訴議決」をしたと通知がありました。
3名は今後、裁判所が指定する検察官役の弁護士(指定弁護士)によって起訴されること(強制起訴)が決まりました!
甚大な被害を引き起こしたこの原発事故の刑事責任が、ようやく問われようとしています!

起訴議決
・勝俣 恒久  東京電力株式会社 取締役会長(肩書は告訴当時)
・武藤 栄   東京電力株式会社 前・取締役副社長原子力・立地本部長(肩書は告訴当時)
・武黒 一郎  東京電力株式会社 元・取締役副社長原子力・立地本部長(肩書は告訴当時)

★司法記者クラブでの記者会見などの映像
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1951 (OurPlanetTV)

————————————

【強制起訴へ!】 議決書、団長声明

起訴議決を受けての団長声明

2015年7月31日
福島原発告訴団 団長 武藤類子

私たち福島原発告訴団が2012年に14,716人で行った告訴・告発事件について、東京第五検察審査会は本日7月31日、被疑者勝俣恒久、武黒一郎、武藤栄の3名について起訴議決としたことを発表し、3名は強制起訴されることとなりました。

未だに11万人の避難者が自宅に戻ることができないでいるほどの甚大な被害を引き起こした原発事故。その刑事責任を問う裁判が開かれることを怒りと悲しみの中で切望してきた私たち被害者は、「ようやくここまで来た」という思いの中にいます。

この間、東電が大津波を予見していながら対策を怠ってきた事実が、次々に明らかになってきています。これらの証拠の数々をもってすれば、元幹部らの罪は明らかです。国民の代表である検察審査会の審査員の方々は、検察庁が不起訴とした処分は間違いであったと断じ、きちんと罪を問うべきだと判断したのです。今後、刑事裁判の中で事故の真実が明らかにされ、正当な裁きが下されることと信じています。

福島原発告訴団は、この事件のほかにも汚染水告発事件、2015年告訴事件によって原発事故の刑事責任を追及しています。事故を引き起こした者の刑事責任を問うことは、同じ悲劇が二度と繰り返されないよう未然に防ぐことや、私たちの命や健康が脅かされることなく当たり前に暮らす社会をつくることに繋がります。その実現のために、私たちは力を尽くしていきます。これからも変わらず暖かいご支援をどうぞ宜しくお願い致します。


申立について詳しくはこちら

2013年10月16日付記事 東京検察審査会に審査申し立て
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2013/10/blog-post_16.html

2014年8月1日付記事 東電旧経営陣「起訴すべき」の議決!
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2014/08/blog-post_1.html

2015年1月27日付記事 海渡弁護士より不起訴理由への反論!
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2015/01/blog-post_27.html

■新聞報道
東電元3幹部 強制起訴へ 「原発 万が一に備える義務」(東京新聞)
東電元幹部強制起訴へ 市民の力 扉開いた(東京新聞)
東電元会長ら強制起訴へ 検審再度議決「福島事故防げた」(中日新聞)
東電元会長ら強制起訴 被災者「当然だ」(河北新報)
東電元幹部強制起訴へ/事故責任の明確化が民意だ(河北新報)
東電元会長ら強制起訴へ 経営陣の責務強調(毎日新聞)
東電元会長ら強制起訴へ 予見・回避できた 検察審議決、業過致死傷罪(毎日新聞)
東電起訴議決:告訴団「永久に闇…から、ようやく土俵に」(毎日新聞)
東電元会長ら3人、強制起訴へ 検審が2度目の議決(朝日新聞)
住民「真実知りたい」 元東電会長ら強制起訴へ(福島民友)
「使命果たす画期的議決」元検事・古川元晴弁護士(産経新聞)
東電強制起訴 悲劇を繰り返さぬために (西日本新聞)
東電元会長ら3人強制起訴へ 検察審が起訴議決公表(日本経済新聞)
東電旧経営陣強制起訴「やっとここまで来た」告訴団喜びあらわ(産経)
東電旧経営陣ら強制起訴へ 9件目 福島第1原発事故で検察審査会(産経)

■社説
原発事故起訴―新たな検証の機会に(朝日新聞)
東電元幹部起訴へ 裁判で問う意味はある(毎日新聞)
フクシマは“人災”か 東電元幹部を強制起訴へ(東京新聞)
東電「強制起訴」 高度な注意義務求めた検察審(読売新聞)
東電原発事故 強制起訴には違和感残る(産経)

6/18(木)東京検察審査会 激励アクション

6・18東京検察審査会激励行動にご参加ください!

【告訴団:東京検察審査会激励行動】が決まりました。

6月18日(木) 12:00~12:45 

ランチタイムに東京地裁前にお集まりください。
東京検察審査会激励行動(東京地裁前)

 

【同日開催:東電株主代表訴訟「口頭弁論」と「報告会&学習会」】

  9:30~地裁前アピール(*傍聴券が抽選の可能性あり)
10:30~口頭弁論(東京地裁103号法廷)
13:30~東電株代「報告会&学習会」
(場所:参議院議員会館 B109 参加費無料)

学習会:河合弘之弁護士

「高浜原発仮処分決定と全国の脱原発訴訟の動き」

(入館証の配布は、13:00~13:30まで)

新告訴に早くも不起訴の決定

4月3日、早くも東京地検が新たな9名の告訴について不起訴の決定

<重要!>
2015年告訴の告訴・告発人募集は、とりあえず中止します。

 2月中旬から皆さまに呼びかけていた旧原子力安全・保
安院や原子力安全委員会等の担当者を含む9名の告訴・
告発(2015年告訴)について、東京地検は、4月3日午後、
全員に対し不起訴の決定を通知してきました。

 

福島原発告訴団は、緊急に団長声明を発表しました。

<不起訴処分に対する団長声明>——————-

 今年の1月に新たな証拠を添えて行った告訴が、このように早々に不起訴という処分とされたことに驚き、憤りを感じています。

十分な捜査が尽くされたとは到底思えません。5月には、全国より
たくさんの告訴人が2次告訴を行う予定であり、早々に幕引きを図っ
たのではと疑念を持たざるを得ません。

 検察は被害者の側にあるのでなければ、いったい何の側にあるので
しょうか。まったく納得がいきません。検察が自らその職責を放棄す
ることに抗議いたします。
—————————————————–

<不起訴理由書>
http://goo.gl/hPIoQJ
以下、報道記事(記事につき、転載にはご注意ください)
—————————————————
◆産経新聞2015.4.3 18:54
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/150403/evt15040318540022-n1.html
福島第1原発事故 追加告訴の東電社員ら9人を不起訴 東京地検

◆共同通信(2015年4月3日 19時10分)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015040301001902.html
告発の東電社員ら不起訴 「巨大津波の予測困難」

 

3/24(火)「がんばれ検察審査会!」

院内集会&検審前アクションにご参加を!

150324chirasi

12:00~13:00 東京検察審査会前行動(東京地裁前に集合)
13:30~15:00 院内集会  (参議院議員会館・講堂)             
・ゲストスピーチ  落合恵子さん
・弁護団報告

(入場無料)

2012年に福島原発告訴団が東電幹部や政府機関などの罪を問う告訴・告発した事件は、東京地検により不起訴とされた後、東京検察審査会が勝俣元会長らを「起訴すべき」という議決を出しました。

議決を受け、東京地検は再捜査をしましたが、とうとう強制捜査も行わず、再び不起訴としました。

事件は再び、検察審査会による審査に入り、再度「起訴すべき」という判断が出されると「強制起訴」となり、刑事裁判が開かれます。

検察庁が見逃したこの重大な犯罪を、一般の市民による検察審査会が、刑事裁判をおこすという判断を下すよう働きかけていきましょう。

チラシダウンロード

<同日開催>………………………………………………………こちらもぜひ♪

「ストップ 汚染水! 院内集会」

18:00~19:45  参議院議員会館 講堂

(参加費無料)
主催: 脱原発福島ネットワーク・ハイロアクション福島
問合せ: FAX 0246-58-5570

 

3/15(日)2015年告訴説明会&原発事故避難者のお話会@三島

3.11福島原発震災から4年
2015年告訴説明会 & <市民のひろば・オープン記念講演>

日時:3月15日(日)13:30〜15:00(開場13時)

●「2015年告訴」告訴人募集と説明会

●お話:古川好子さん(双葉郡富岡町出身)
「気づけば原発事故避難民」

古川好子さん:
10歳ころから双葉郡富岡町(福島第2原発立地町)にて暮らし、子ども3人を育てる。
事故まで、原発についてはほとんど意識することなく、危険とも安全とも考えていな
かった。
突然避難民となって、それから徐々に自身の被ばくを意識するようになってきて、今
は「被ばく者」を名乗る。
現在も会津若松市で避難生活中。

会場:ひろばK・Oide(下記会場案内参照)
・・(三島市中央町3-32小出ビル3F (三島駅徒歩12分)
主催:福島原発告訴団・静岡
   ひろばK・Oide/原発震災を防ぐ風下の会
お問合せ:tel 0557-81-7577
※参加費無料
※印鑑ご持参の方は、その場で告訴人の手続きができます(2000円/人)

★福島原発告訴団への参加について

もし当日参加できない方で、「2015年告訴」に参加くださる方がおられましたら、
添付のうち、委任状と申込書を記入(印鑑2か所お忘れなく)し、参加費2000円を添え
てひろば(吉倉、原田、東井のいずれか)へお持ちくださるか、または送り先へ郵送・
郵振ください。3月末をめどに、募集していきます。

——————————————-
会場<ひろばK・Oide>のご案内

住所:静岡県三島市中央町3-32 小出ビル3F(三島駅徒歩12分)

三島市の中央に3月15日オープン !!
『ストップ!浜岡原発』のための、みんなのひろばです
三島市民に限らず、広く活発にご利用ください

◆所は三島大社前、小出ビル3F
(児童文学者で社会運動家であった小出正吾氏関係者所有の貸しビル・小出正吾氏の
顕彰碑「子どもの世界」が目印/回転すしの東隣)